70

【狙え10倍株!】保有銘柄の好材料連発!REXT(7697)で利益確定!四季報オンラインの先取り情報に期待中!

こんにちは!なっしー( @megane_toushi )です。

資産形成を目的に、日本株、米国株など様々な金融商品への投資にチャレンジしています。学んだことや成果をブログにアウトプットして充分な利益が出せるよう日々勉強中です!

渡部 清二先生著の「会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方」を読み、実際に四季報を全ページ読破して銘柄を決め、2021年7月から本格的に投資を開始しています。

過去記事についてはこちらをご覧ください。

国内株式含み益

評価損益額:△115,300円

国内個別株 評価損益額 2021年8月29日

先週は△220,900円でしたので一気に半分近く損失が消えました。助かった(笑)

全銘柄値上がりしたのですが、個別の理由がいくつかあります。

まず大きいのは、先週△22,900円だった「REXT(7697)」が大幅な値上がりにより損失が消し飛んでプラスになり利益確定出来たことです。

しかも、8月27日値上がり時のほぼ頂点で売り抜けることができました。これはチャートに張り付いていてラッキーでした。

結果、REXTさんの株でプラス17,500円という結果です!

10倍ではないですが、損失広がっていたので嬉しい限りです。

次に大きな要因は「rakumo(4060)」の大幅な値上がりです。

rakumoは先週時点で△36,100円でした・・・。

それが一気にプラス4,800円まで戻しています。

大幅に値上がりした理由は以下の記事にある通り、モーニングスターでオーバーウェートを継続したことだと思われます。
出所:rakumoにモーニングスターが「オーバーウエート」継続、成長ピッチ加速を評価(Yahoo!ファイナンス 2021/8/27)

また、シネックスジャパンが「rakumoシリーズ」の取り扱いを開始したというニュースも流れています。
出所:Google Workspace™を取扱うシネックスが、 拡張ツール「rakumoシリーズ」をセットで提供(PR TIMES 2021/8/24)

8月14日に発表された決算がそもそもかなり好調で、買い増ししようか考えていたところだったので、意外と世間の反応が後から来ていることに驚いています。

中小型株はほとんど注目されていないのですね。買い増ししておけばよかった、とは常日頃思うこと。

細かいですが、良いニュースは続き、「シノプス(4428)」が特許を取得したという情報が流れ、大幅値上がりしています。
出所:シノプス-急騰 中食・総菜向け需要予測・自動発注の特許取得(Yahoo!ファイナンス 2021/8/24)

残念ながらシノプスはもとのマイナスが36,300円とでかく、値上がってもまだマイナスです・・・。それでも随分ありがたいですが。

と、いうように今週は保有している国内個別銘柄すべて値上がりし、REXTで17,500円の利益を得るという気持ちの良い1週間となりました。

まあ言うてもまだマイナス10万ですが(笑)

Robot Homeも東京通信も決算の内容は悪くないので、ファンドに目をつけられたら上がると思って期待しています。

直近ではREXTで売却した分の預り金が遊んでしまっているので、会社四季報オンラインの先取り情報から次の投資銘柄を決めるつもりです。

しっかり保有条件に合致するかはチェックします。(永久保存版のチェック項目まとめ)

Robot Homeはチェック項目にほとんど合致していないので、利益出ればすぐ売るつもりです・・・。

米国株含み益

評価損益額:+292,703円

米国株は先週と比較してプラス7万円ほどになっています。

S&P500が上がり続けてるのもありますが、大きい理由は2つあります。

まず、ローズタウンモーターズで新CEOが誕生したことです。
出所:米新興EVローズタウン、新CEOにニニバッジ氏(日本経済新聞 2021/08/27)

これにより67,000円あった損失が47,000円と少なくなりました。

創業者退任後の株価下落を狙って買っていましたがそのままずるずる下げ続けていたので少し安心できる材料がようやく出ました。

しっかりした経営力のある人をCEOに迎えられたようなので今後のニュースリリースが楽しみですね。

次はショッピファイの値上がりです。

先週時点でプラス69,000円でしたが現在87,000円になっています。

ショッピファイはじわじわ値を上げていましたが、直近の値上がり材料はTikTokとの提携だと思わます。
出所:TikTokがShopifyとの提携を拡大、米英カナダで買い物機能のテストを実施(TechCrunch Japan 2021/8/25)

TikTokとショッピファイ相互で送客しシナジーを生もうとしてます。

TikTokの野望も良いのですがショッピファイすごくないですか?

リスキファイドといいヘッドレスコマースの良いところが最大限発揮されてますよ。

EC以外の有力なサービスと次々連携できてますからね。

これはホントに数年後Amazonの通販サイトを脅かすことになるかもしれませんね。

ショッピファイと連携しようとしている銘柄を狙うなんてこともありですね。