50

【狙え10倍株!】国内個別株に手を出したら大損しました!(2021年8月22日現在大損継続中)

こんにちは!なっしー( @megane_toushi )です。

資産形成を目的に、日本株、米国株など様々な金融商品への投資にチャレンジしています。学んだことや成果をブログにアウトプットして充分な利益が出せるよう日々勉強中です!

渡部 清二先生著の「会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方」を読み、実際に四季報を全ページ読破して銘柄を決め、2021年7月から本格的に投資を開始しています。

過去記事についてはこちらをご覧ください。

国内株式含み益

評価損益額:ー220,900円

2021年8月22日の国内株式評価損益

渡部 清二先生に風評被害を与えてしまうのではないかと思うくらい、全銘柄撃沈です。

そんな影響力はこのブログには無いですが(笑)いい結果を残して本を紹介したかったのですが、惨敗してます。

何も全銘柄下がらなくても良いじゃないですか?ひどい。

保有銘柄の評価損益額をさらけ出したのが2021年7月1日の記事から。1ヶ月半で損失が10倍以上という逆のテンバガーに見舞われています。

日本はコロナからの回復が遅れていて、デルタ株も広がっている状況で日経平均も上値が重いと連日経済ニュースで取り上げられています。

にしても、7月からずっとマイナスです。わたしの保有銘柄はREXTとファイズホールディングス以外は好決算でした。にもかかわらずです。

好決算発表前の買い、発表日の利益確定売り、があることは理解しています。それを踏まえても下がり過ぎてると思っています。

rakumoは利益剰余金が極端に少なく、東京通信は負債比率が『要改善』の300%に届きそう、という懸念点があることは理解していますが、ファイズホールディングスは下がる要素が見当たらないです。

EC化率は今後もどんどん上がっていくでしょうから取り扱う荷物の量はずっと増え続けることでしょう。業績への影響は軽微だと発表されていますが、ビックカメラのラストワンマイル配送も受託しています。

営業利益、経常利益は前期比でマイナスですが、投資を増やすと言っているのですから織り込み済みです。これが下がる要素なのでしょうか。

保有してから1ヶ月半で値を下げたからと言って、ギャーギャー騒いでいたら投資なんてできないよ、と突っ込まれそうですね。

保有したときのストーリーが崩れていないので売らずに持ち続けます。決算書を細かくチェックしましたが、どの保有銘柄も危険な状態ではありません。

REXT以外は売上好調!だから投資もしてるよ!という状態です。

コロナが落ち着けば、必ず浮上してくる内容です。気長に待ちます。

米国株含み益

評価損益額:+222,859円

2021年8月22日の米国株式評価損益

S&P500が値を下げた影響でETFが先週より含み益を落としていますがほぼ変わらず安定しています。

ローズタウン・モーターズもヘッジファンドへの株式売却で442億円を調達してからしばらくは安定してくれているようです。徐々に値上がりしてくれたらよかったのですが、販売できるまでは低空飛行を覚悟しています。

ローズタウン・モーターズ以外はすべて含み益出ている状態なので、国内個別株はやめてすべて米国株にするかどうか本気で迷っています。

最近は米国株投資の本をよく読み、次の四季報は米国四季報だけを買おうかなと。

ジム・ロジャーズは「危機の時代」という著書でバブル崩壊が近いと言っていますが、アメリカは崩壊したとしても立ち直りも早いです。

日本と違い底力があります。回復力が全然違う。

いずれ下がるかもしれないけど回復することも間違いない、それが米国株だと思っています。

日本株は下がりっぱなし、低空飛行のまま、失われた20年が30年になり40年になりそうです。そもそも失われたわけではなくそれが実力、ということです。

徐々に方向を変えていくつもりです。

XRPは引き続き好調

総資産:135,605円

先週と比べて少し値を下げましたが変わらず高値が続いています。

なぜ値上がりしているのか?を具体的に知りたくてネット記事を漁っていたのですが、これだ!という論拠は見つかりませんでした。

需要が供給を上回っているとは思いますが、なぜそうなっているのか?がわかりません。

利用者が増えたのか、参加金融機関が増えたのか、SECの訴訟が一段落したのか、何かしら根拠は有ると思うのですが、見つけられずです。

英語サイトなど見られるとわかるのかもしれませんが、英文は読めません(笑)

グーグルアラートで受信設定しているので追加で気になる記事があればチェックしてアウトプットします。