73

【狙え10倍株!】保有中の国内&米国の中小型株(2021年8月1日時点)

こんにちは!なっしー( @megane_toushi )です。資産形成を目的に、日本株、米国株など様々な金融商品への投資にチャレンジしています。学んだことや成果をブログにアウトプットして充分な利益が出せるよう日々勉強中です!

渡部 清二先生著の「会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方」を読み、実際に四季報を読破して銘柄を決めて投資しています。

過去記事についてはこちらをご覧ください。

国内株式含み益

評価損益額:ー117,500円

目指せテンバガー!2021年8月日の国内株含み益

ファイズホールディングス(9325)だけプラスでした。

RPAホールディングス(6572)と東京通信(7359)が先週よりさらに悪化しています。

東京通信は先週ー22,100円、今週ー30,200円と悪化。RPAホールディングスは先週ー7,900円、今週ー16,100円と2倍以上マイナスです。

RPAホールディングスについては下記記事で決算報告書分析し、保有し続けることを決めています。

東京通信は8月5日に第2四半期の決算発表を控えています。で、直前にこの下落ということはどうやら良い決算内容ではないようですね。

決算発表での利確を待たずして下落していますのでどこかから情報が漏れて売られているのでしょう!

わたしは裏情報を得ることはできないしがない個人投資家のため、決算発表を待つばかりです。発表内容次第で損切り売却するかどうかを決めようと思います。

気になるファイズホールディングスの盛り返しですが、ビックカメラの関東1都3県の一部エリアと大阪府の一部エリアに対して、ラストワンマイル配送を受託したとリリースされているためでした。
適時開示情報閲覧サービスより:https://ssl4.eir-parts.net/doc/9325/tdnet/2003896/00.pdf

1都3県と大阪府の一部でどれくらい物流量があるのでしょうか。わかりませんが、情報開示内には「本件が、当社グループの業績に与える影響は軽微であると考えておりますが」と記載されているため売上的なインパクトは少ないようです。

ですが、無名なファイズホールディングスがビックカメラと手を組んでヨドバシエクストリームみたいなサービス展開をしようとしているので営業活動にも影響出るでしょうし、名古屋、横浜、福岡、札幌での展開もありえるのでは?と期待させてくれます。

ので、ファイズホールディングスに関してはコロナや日経平均の影響無しに今後も900円以上の株価が期待できそうです!他の会社も良い情報開示を期待。

米国株式含み益

評価損益額:+214,541円

目指せテンバガー!2021年8月日の米国株含み益

米国株は個別株のみが不調で、ETFはダメージがほぼありませんでした。

S&P500は7月19日に一時的に急落しましたがまたすぐ復活して上昇に向かっています。最近、日経BPマーケティング出版の『金融バブル崩壊』という本を読みましたが上がり続ける米国株はいつか弾けるのか・・・。米国株が頼りの綱なので、頭のいい人たちになんとか影響は最小限にしていただきたい。

個別株はやめてETF一本にした方が良いのか悩んでいますが、このブログではテンバガーを狙うので、それらしい中古型株の会社をしっかり考えて決めて投資していきます。

次は2021年7月29日にニューヨーク証券取引所に上場したばかりの「リスキファイド」の株を買おうかと考えています。

リスキファイドとは

Riskifiedは、Eコマース業界を全体的に安全で、利便性がよく、経済的なものにすることで、業界の更なる発展の可能性を最大限に引き出します。 世界の大手航空会社から高級ファッションブランド、ギフトカードを取り扱うマーケットプレイスまで、収益の増加やリスク管理、顧客体験の向上において、Riskifiedの実績に信頼を寄せています。

riskified パートナー企業登壇パネルディスカッションページより https://pages.riskified.com/japanese_webinar_nov_2020/

イスラエルを拠点にする企業でECサイトの不正利用防止ソリューションを提供しています。わたしはECサイト業界で働いているため、不正利用の金額的な損失の凄さと防ぐことの難しさを良く理解しています。

ソリューションを使って防止していますが100%防ぐことは難しく、人力によるチェックも実施する必要があります。

そんな業界の中で、名前を聞くようになったのが「リスキファイド」です。わたしの耳にまで届くということはかなり日本に浸透し始めていると考えられます。

イスラエル発、ニューヨーク証券取引所上場したばかり、不正利用対策を各社が必死に取り組んでいる中で聞こえて来る、この要素だけで買おうと決めました(笑)

「製品を買うより株を買ったほうが良い」というのは良く聞く投資の格言ですね。

ソニーが1950年に日本初のテープレコーダーを16万円で発売し、高すぎてあまり売れなかったそうですが、買える人もいたのでしょう。その16万円をテープレコーダーではなくソニーの株を買っていたらその株は今頃とんでもない資産額になっているわけです。

なので、わたしは新しいサービスや製品の話を聞くと、利用するかどうかも考えますが先に上場してるかどうか、株価はどうかをチェックするように習慣化しています。

「ショッピファイ」も「ローズタウンモーターズ」も同じですね。「リスキファイド」はこの先どうなるのか!楽しみに投資しようと思います。