128

【狙え10倍株!】RPAホールディングスの決算下方修正により含み益減少中!(2021年10月24日のポートフォリオ)

こんにちは!なっしー( @megane_toushi )です。

資産形成を目的に、日本株、米国株など様々な金融商品への投資にチャレンジしています。学んだことや成果をブログにアウトプットして充分な利益が出せるよう日々勉強中です!

渡部 清二先生著の「会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方」を読み、実際に四季報を全ページ読破して銘柄を決め、2021年7月から本格的に投資を開始しています。

過去記事についてはこちらをご覧ください。

全体含み益

評価損益額:+194,807円

国内株式含み益

評価損益額:-136,899円

日本株 評価損益

2021年10月15日に発表されたRPAホールディングスによる特別損失計上&連結業績予想の下方修正の影響をもろにくらいました。

わかっていたのだったら損切りしたらいいのに、と突っ込まれそうですね。

ご指摘はごもっとも。

以前別の記事で、あの優待株で有名な桐谷さんが損切りしない主義だと知り、わたしも損切りせずに突き進んでやろうと思ってました。

が、よくよく考えると桐谷さんは優待による配当利回りを意識した投資をされている。

株価が下落すると配当利回りは上がって結局回復してくるような株をお持ちです。

わたしは配当の無い中小型株なので損切りしないとただただ損するだけ、ということを今回学びました(笑)

これはあきらかに損切りした方が良いです。

仮に!長期保有するにしても一回損切りしてまた上がってきたと思えるころに改めて買えばいい。

結局上がりだしてからの利益は得られますし、その間別の個別株に投資してもっと利益を得られるかも知れない。

そんな単純な話にようやく気が付きました。

いろいろな本で「損切りすべし」と言われているのに。

また上がるかもしれないのに損失確定しちゃうじゃない、と思ってました。

それは配当がある株に言えることで、中古型株ではまったく意味が無い行為だということを今回学べました。

RPAホールディングスによる下方修正に感謝。

で、ここまで付き合ったので勉強代としてホールドします。

米国株含み益

評価損益額:+331,706円

米国株 評価損益

米国株は10月18日(月)から週の半ばまではかなり好調で、いっとき評価益が+400,000円になりましたが週の後半でまた元に戻りました。

結果的に先週とほぼ変化無しです。

ツイッターの反応を見ていると面白く、米国株やビットコインが値上がりを続けると含み益をアピールするアカウントが目立ち、下がるとまったく見かけなくなります。

相場には必ず下がることもあるんですから、下がったときの含み損もツイートしないと公平ではないですね。

ツイートで積極的に情報発信されているのは含み益が膨らんでいる方なので、どのアカウントを見てもものすごい利益をあげている人ばかりに見えます。絶対そんなことはない。

その裏には含み損を抱えてるけどツイートしない人が五万といるはずです。

たまに誰も得をしない含み損があることを発信している人がいるとリプしてしまいます(笑)

わたしも日本の個別株の含み損は恥も外聞もなく晒しています。

こういう投資の現実もあるんだということが言いたい。

そりゃガンガン含み益でて数百万の利益が出てるキャプチャーをわたしもツイートしたいです。

いずれそうなることを期待して損失出まくりツイートは続けていきます。