81

【狙え10倍株!】Link-U(4446)投資&ローズタウンモーターズ(RIDE)復調の兆し(2021年9月26日のポートフォリオ)

こんにちは!なっしー( @megane_toushi )です。

資産形成を目的に、日本株、米国株など様々な金融商品への投資にチャレンジしています。学んだことや成果をブログにアウトプットして充分な利益が出せるよう日々勉強中です!

渡部 清二先生著の「会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方」を読み、実際に四季報を全ページ読破して銘柄を決め、2021年7月から本格的に投資を開始しています。

過去記事についてはこちらをご覧ください。

9月20日の週は中国の不動産大手、恒大集団の経営危機のニュースで一喜一憂した1週間でしたね。各メディアやツイッターでつながっている個人投資家の皆さまも「損切りするのかしないのか」の議論や「損切りしました」の発信などいろんな動きが見られました。

わたしは中長期保有前提で、東日本大震災や昨年のコロナショックで暴落は経験済みなので、まったく気にせずホールドです。

むしろ、全然関係ない会社なのに株価が下落してしまっていた日本の個別株を追加投資してやりましたよ!

暴落時こそチャンスです。関係ない株が下がるのだからありがたいタイミングです。関係ないので冷静さが戻るとすぐ買い戻されるからですね。

恒大集団の問題はまだクズぶりそうですが(参考サイト:恒大集団側と投資家が交渉開始 地方政府も収拾へ YAHOOニュース 2021.09.25)、一旦株価は平静を取り戻してくれたようなので一安心です。


中国のバブル崩壊するならするで、自由主義陣営にメリットがあるのでわたしは歓迎します。

国内株式含み益

評価損益額:-66,799円

国内株 含み損益 2021年9月26日

Robot Home(1435)が9月に入ってからじわじわ株価を上げてきています。

会社四季報の最新版秋号によると、管理している戸数2.5万戸はほぼ満室で黒字定着できているようです。18年に不祥事はあれど、投資したオーナーが家賃収入をしっかり得られていて、会社も儲かっているならWin-Winなのではないでしょうか?

ちょっと気になるのは8月末に立ち上げた富裕層向けのマッチングサイト(インカムクラブ:https://income-club.jp/)のコラムが定期的に更新されていない点ですね。

規模が全然違うかもしれませんが、【楽待】は毎日数件のコラムがアップされています。

また、マッチングサイトと言っているのに物件が1つも載せられていません・・・。大丈夫なのか・・・?

今週追加で投資したLink-U(4446)は今もっともホットなテーマ「NFT」がわたしのアンテナに引っかかったため投資しました。

厳密にはLink-UとHashPortの合弁会社であるHashpaletteという会社がコインチェックでパレットトークンを発行して日本初のIEO(暗号資産による資金集め)をしたわけですが。
参照:ブロックチェーン✕コンテンツでファンコミュニティの活性化を支援

コインチェックのパレットトークンの抽選に外れてしまったので、だったら株買ったら!という理屈です。

HashpaletteはNFTのキープレイヤーとしてガンガン成長していくように感じていますし、Link-Uはそれだけではなくマンガの海外配信や「めちゃコミック」と合弁したりと本業も確実に成長しています。期待が膨らみますね!

米国株含み益

評価損益額:+276,743円

米国株 含み損益 2021年9月26日

ローズタウンモーターズ(RIDE)が徐々に復調してきています。

ダニエル・ニニバギ氏がCEOに就任してから計画通り販売にこぎつけられるのではないかという期待が膨らんでます。

ニニバギ氏へは億単位の成果報酬も支払われるため意地でも販売する、と読んでいます(笑)

なので、SPYDとHDVで受け取るドル建て配当金はまるごとローズタウンモーターズに突っ込みます!来年前半には株価がきっとテンバガーになっている!そう期待しています。

ショッピファイ(SHOP)とユニティー・ソフト(U)は相変わらず底堅いです。恒大集団の経営危機問題にも大した影響を受けておりません。

ショッピファイ単体では毎週何かしらポジティブなニュースが目に入ります。
参照:株式市場の暴落が心配な投資家は、この3ステップを準備しましょう

このヤフーファイナンスのニュースでは、「ショッピファイが「高品質」な企業である理由は、大きな市場機会、強い競争力、そして健全な財務実績を誇っている点です。」と締めくくられています。まさにこれが株価を安定的に上昇させている理由ですね。

ECとデジタル決済という2つの大きなトレンドにも対応している&Amazonを脅かす存在として注目度も高まっている状態。

日本においても、一般の人にまで認知されるレベルには至っていないのでそうなったときはさらに株価が上がるとき、そして利益確定のタイミングかなと思っています。