98

【デイトレード手法検証】初心者の値惚れ買いが止まらない

こんにちは!なっしー( @megane_toushi )です。日々デイトレを行い、学んだことや成果をブログにアウトプットしています。デイトレで利益を積み上げられるようチャレンジ中です!

石井勝利先生著の「株「デイトレ」の鬼100則」に記載のある初心者がやりやすい失敗する買い方「値惚れ買い」

しばらく追っていた株価が下がってきて「手頃で買い時になったのでは?」と考えて下降トレンドが開始されたところで購入してしまうことを指します。

鬼100則シリーズの本を読んで、右肩上がりの上昇トレンドの銘柄を見つけ、週足、日足、5分足もチェックし、「よし、これは間違いなく上昇トレンドだ!」と判断して株価を追っていたわたしは、値惚れ買いしました。

以下の記事のように自分自身に戒めていたのも関わらず、です。

分かっているのにやってしまった。これはもうわたしの個人的な適正なのでは?と考えるようになりました。何度も同じミスを犯すので自分への戒めとして記録を残します。

狙っていたのはグノシー

わたしがよく知っているゲーム・IT系の企業で、上昇トレンドの押し目状態のチャートを探し、見つけたのがグノシーでした。

下記の通り、しばらく上昇トレンドが続いていて5月31日、6月1日と下落。押し目が近づいていると判断しました。

グノシー 日足

買いをいれたのは2021年6月2日です。5分足を見ているとあれよあれよと下落していき、「950円も下回った!これは値ごろ感が出て買い戻されるのでは?買いじゃ!」と考えて947円の指値で約定。

その後の経過を日足でご覧いただければ分かる通り、面白いように下落していきます。

5分足で見ると買いのタイミング悪すぎ

次は5分足をご覧ください。

当日約定してから1日が大きな含み損で終わった時、5分足のチャートを俯瞰して眺め、なぜあんなタイミングで買ったのか?自分でも理解不能でした。

グノシー 5分足
グノシー 5分足

おいおいちょっと待てと。石井勝利先生の本を読んで何を学んだのよ。めちゃくちゃ値下がり中にあなた買ってますやん?どうなってんの?と。

デイトレなのでせめてこの日のうちに売っておけばよかったのですが、それも後の祭り。翌日を迎えたわたしはさらなる下落に見舞われ、損切りするかどうか悩み続ける1週間となります。

その後、6月11日になって株価は若干持ち直し、942円となっています。一時膨らんでいた損失が半分程度になったところでわたしは売ってしまいました。

936円程度まで戻った時、悩みました。この先上がるのか下がるのか、石井勝利先生のテクニカル分析手法を読み返す余裕なんてありません(笑)。

もともとその時点の倍以上含み損があったので、その分利益を積み上げられたと考えることにして成り行きの売り注文を入れ930円で約定に至りました。その後に942円ですからね。凹みます。

こんなに買いたい衝動のコントロールができないものかと自分でびっくりしてます。なんでしょうね。ギャンブル気分なのでしょうね。

中長期投資への切り替えも検討

わたしにはデイトレは向いてないのかもしれないと考え、四季報を読み込んで中長期投資をする方針に変更しようかと考えている今日この頃です。

そこで早速以下の本を購入しました。

石井勝利先生の本はまったく悪くないです。悪いのは感情をコントロールできないわたしです。そこで、一喜一憂しないで済む中長期投資です。この本も、通読した後にアウトプットで感想を書き、実践しようと考えています。

わたし長期投資は成果出てるんです。米国個別株と米国ETFと中国株ですが。いろいろ試行錯誤しながら資産増やしていきます。(失敗も糧と慰める)