178

株「デイトレ」の鬼100則 石井勝利著の書評・レビュー

こんにちは!なっしー( @megane_toushi )です。日々デイトレを行い、学んだことや成果をブログにアウトプットしています。デイトレで利益を積み上げられるようチャレンジ中です!

「株の鬼100則」「株価チャートの鬼100則」に引き続き、石井勝利先生著の「株「デイトレ」の鬼100則」の感想・レビュー記事です。

「株の鬼100則」「株価チャートの鬼100則」の記事はこちらから↓

過去の2冊と内容が重複している部分もありますが、

株取引、デイトレに初めて挑戦しようとしている場合、確実に読んでおいたほうが良い本です。

「株「デイトレ」の鬼100則」の名前通りデイトレに寄った内容ですが、できれば「株の鬼100則」→「株価チャートの鬼100則」→「株「デイトレ」の鬼100則」と出版順で読むと徐々に説明が細かくなっていくので尚良いです。

この記事ではわたしがデイトレを実際に行っていて、「確かに」と思った一部をご紹介します。ひとつひとつの細かい売買手法はぜひ本を手にとって確認してみてください。

上げに飛び乗らず、押し目を活用せよ(10則目)

過去2冊と同じですが、石井勝利さんは徹底して「右肩上がりの上昇トレンドで押し目」をおすすめします。勝てる可能性が高いためです。

本の帯には、石井勝利さんは身銭を切って45年市場と対峙してきたと記載があります。正直45年も身銭を切った人の言うことは信用できます。

わたしがこれからぶち当たる壁に、とうの昔からすでに何度もぶち当たっていらっしゃるだろう、先人の知恵を数千円でお借りできる本の素晴らしいことよ。勝利さんという名前も縁起がいい!

本書ではなぜ「右肩上がりの上昇トレンドで押し目」が良いのか実際の企業のチャートを例にして著者による説明が細かくされており、非常にわかりやすいです。

デイトレで意識すること抜粋

デイトレを行っているとついつい目の前の5分足のチャートの動きに意識が集中してしまいがちです。順張りでは陰線が連続するだけでハラハラするわたし。何事も俯瞰してみることが大事です。

日足の癖をつかんで向かう(85則目)

日足も上昇・下降トレンドがあって、一定のリズムにのって動いている銘柄があります。「いまは全体的に上昇トレンドなんだな」ということがわかってデイトレに望めば超短期の動きに一喜一憂することはない、というわけです。

右肩上がりは美しい(86則目)

日足が数ヶ月上昇トレンドで陽線が多く見られる銘柄は負けない可能性が高いということです。85則目と似たような話ですが、著者は87則目、88則目、93則目でもしつこいくらい似た話を繰り返します。

それは、日足・週足で長期のトレンドが上昇していてリズムを掴み、デイトレでも上昇トレンドの押し目を狙うということ。徹底してこの説明です。

わたしが大体損失を出すときはこのセオリーに逆らった下記の様な銘柄です。

長い間下降トレンドでしたが、直近で出来高が増えて一気に株価が上がっているのがわかります。しばらく株価をウォッチしていて、5分足の流れの癖をつかんだから手を出してみよう、と手を出した矢先に急降下しました。

日足の、それも1日だけなのでもちろんここからさらに上がり続ける可能性はあります。ただ、「デイトレ」の場合ここまで下落されてしまうと損切ルールを守って手放すのが賢明です。

これが急上昇した株ではなく、徐々に値を上げてきている株で、押し目で買っていれば損失も少しは和らげられたでしょう!

日足でも押し目を意識しなかったわたし自身の落ち度です。無念です。

昨日までの出来高と値動きを確認しておく(48則目)

出来高が明らかに増えている傾向の銘柄に絞り込む

石井勝利著 株「デイトレ」の鬼100則 明日香出版社 2020年

これも上昇トレンドで人気銘柄であれば今後も上がる傾向が強い、という失敗しないための銘柄の選び方です。ただし、先に張った画像のチャートのように売りが多くても出来高は大きくなるので注意が必要です。

急上昇、急下降する銘柄は日足の出来高がその日だけ突出しているケースが多いです。この銘柄はしばらく出来高がたかいままだったので25日移動平均線からは結構はなれていますが75日移動平均線との乖離はそこまでじゃないと考えて買いをいれたんです。でもだめでした。

この本の教えに忠実であれば・・・

あとがき

ルールを守らないと勝ちにくい

うまく行った時、失敗した時、それぞれ同じパターンは少ないですが、勝ち続けるためにはこの本のテクニカル分析を頭に入れているのといないのとでは大きな差が出そうです。

わたしの負けパターンはだいたい右肩上がりの上昇トレンドの押し目以外に手を出したときです。石井勝利さんも指摘する初心者によくある「値惚れ買い」をちょいちょいやってしまいます。

昨日は500円あたりが中間だったから470円になったらもう買いでしょ!とローソクが大陰線を3連発しているところで買ってしまったりします。もうアホすぎ。

わたしのような初心者がいるから儲ける人もいる。という慰めは全く通用せず。イライラがつのります。そのたびに石井勝利さんの本を読み、あとから「ああ、全然ルールと違うし初心者がやりがちなことって指摘されてるー」と気づくします。

出来高低い銘柄はデイトレに向かない

出来高が全然ない不人気銘柄では、買ったはいいけど一日を通してほとんど値動きがないものもあります。そんな株はデイトレには向いていないので中長期保有前提でなければスルーで良いと思います。

不人気銘柄でいきなり人気がでたところで手を出すのも初心者には危険ですよ!わたしはなんどか失敗しています。

石井勝利さんが指摘する初心者の失敗を大体経験してきました 笑 仕手筋に踊らされてるタイプの個人投資家です。

この本を読み、踊らされないルールを守った個人投資家を目指します。でないと利益が積み上がらない!