9

書類をオシャレに収納する! 書類探しでイライラしないわかりやすいまとめ方をご紹介

こんにちは!のんのん(@Mukoryo_Free)です。

義母と同居するようになり、ストレスになっていることがひとつあります。(ストレスのうちの一つかも)

それは、

しょっちゅう書類を探し回っていること。

「あれ?ここに置いたのになんで無いの?」とか「もう何でなくなるの嫌になるわ」とか。書類を探し回りながら独り言をつぶやいています。これがいちいちわたしの癇に障ります。

なぜ無いって、適当な場所に置くからでしょ!と言いたいのをぐっとこらえて(笑)書類が無い無いとイライラしている義母にイライラです。

反面教師ではないですが、わたしと旦那の間では昔から書類収納はルールを持って整理しています。

この記事は義母へのイライラのエネルギーを文字に変換して(ストレス発散も兼ねて)書類収納・整理におすすめな商品をご紹介します。

この商品はこんな人におすすめです!

  • 必要なときに必要な書類をすぐ見つけたい人
  • オシャレに書類を収納、整理したい人
  • 家族分の大切な書類を分かりやすいように整理したい人
  • 子供が産まれたり、家族が増えても書類収納ルールを統一したい、変えたくない人

おすすめポイント

色ごとに、書類のジャンルや持ち主を分けられる

全部で5色あるためジャンルや持ち主ごとに収納を分けて管理することが可能です。

我が家では、

わたし:オレンジ
旦那:ホワイト
娘:オリーブ

というように分けて棚に置いています。1つにポケットが6つあるため、一色に2つもあれば一人分は十分です。

どの色の、どこに何の書類があるかすぐ分かる

ポケットにそれぞれ何の書類を入れているかひと目で分かるようにできるインデックスシールも付いています。

蛇腹状にポケットが開き、インデックスシールで分けられるので見つけやすく取り出しやすいです。

例えば旦那から電話で、「○○証券の口座番号教えてほしい!あとで折り返して」と言われて家に居るわたしが書類を探すとします。

旦那はホワイトのケースを使っているので、ホワイトの2つ目のポケットにあると分かり、すぐ口座番号が書かれた書類を見つけ出すことができます。

「そんな書類どこにあるのよ?どの引き出しよ?」みたいなことを聞く必要がありません。

逆も然りで、旦那がわたしや娘のマイナンバーカードの番号を見たい場合、オレンジかオリーブのケースのポケットに必ずあるわけです。

娘の書類はまだそこまで多くないですが、オリーブを2つ買ってそこに収納するようにしています。だから夫婦どちらかが娘の書類を探すときもお互いが探し合ったり困るようなことがありません。

家族以外の色は公共料金・その他用にできる

我が家では家族で使用していないオリーブを公共料金やその他の書類を収納する用途で使っています。

電化製品の説明書や保証書ってどこかにしまっていざ必要になったときにどこにもない、なんてことありませんか?

この分け方で整理する前はわたしも同じでした。

必要なときに限って見つからない。義母と同じです。(探しながらイライラはしませんが)

家族の場合と一緒ですが、説明書や保証書はオリーブのケースに入っている、ということが夫婦で認識できているため「あれはどこなのこれはどこなの」ということが無くなりました。

並べてもオシャレに見える

この手の書類収納ケースは無機質で事務的な物が多いですが、このケースはシンプルな装飾にアクセントでゴム留めがありとてもオシャレです。

色についても、この手の商品に多い悪目立ちするものではなく、落ち着いた5色展開になっています。

それぞれ棚に並べてもオシャレさが演出できます。

A4のクリアファイルがすっぽり入る

ここが密かなイチオシポイントです。

A4のクリアファイルがまるごとポケットに入るので、ポケット内で小分けにしたいときにさらに便利になります。

仕事や自治会などでもらったひとまとめにしておきたい書類を、クリアファイルにまとめた状態でポンといれることができます。

ポケットの分類だけで対処できない場合にかなり活用できるポイントです。これと色分けの組み合わせがあるから使い続けていると言っても過言ではありません。

気になるポイント

もちろん良いところばかりではなく、書類収納としてはどうかなーというちょっと気になるポイントもあります。

ポケットの中身は覚えるまで時間がかかる

外見の色で大枠何がどこにあるかは判断できますが、ポケットごとに何を分類したのかは外見からは判断できないです。

そのため、反復して脳が記憶するまでは何度か書類を探す、という行為は必要になります。

それでも旦那の書類はホワイトの2つのケースのうちのどっちかに必ずある、ということがわかるだけで大きい進歩ではあります。

カラーバリエーションが少ない

いまは家族3人で使っているので5色展開でも十分です。その他用のネイビーも活用できています。

ですが、もうひとり子供ができたり、その他にさらに分類したくなると、それ以上選べる色がもうありません・・・。

ここは今後のカラバリ展開追加に期待したいところです。ちなみに義母はこのケースを使っていません(笑)

あとがき

この書類収納ケースを使ってルールを決めたとこにより、夫婦間では「書類を探す」ということは全くと言っていいほど無くなりました。

随分時間が経ってからふとした瞬間に、思わぬところから探していた書類が出て来た、なんてことありますよね?

こんなところにあったのか!もう今さらだけどね。と諦めたことが過去にどれだけあったことか・・・。

保証書が無くて修理が有料になったときは辛かった~。いまではそういう心配もないです。

また、不要だと判断した書類や意味のない通知用の紙は即捨ててます。いつかいるかな?というものは今いらなければいらないのですよ。このマインドでもだいぶ書類に悩まされることが無くなりました。封筒もすぐ開けて中身確認して即捨てています。

「夫婦間では」と上であえて記載したのはカラバリの部分でも書いたとおり、このケースを義母は使っていないためです。

わざと使わせていない、というわけではないですよ(笑)

何度か使ってみたらどうですか?と言ってみたのですがもう習慣なのでしょうね。書類を無造作に置くという行為が治らないようです。

ざっくり場所は分かっているようなのです。「確かにここに置いたんだけど」といって探していたらその場所から見つかることもあるようです。

でも、平積みした書類の山からたった一枚の書類を探す苦労たるや・・・。

そんな効率の悪い、整理できない状態を放置して、「無い無い」と同じ過ちを繰り返している。そこがイライラするポイントです(笑)

義母は出前のチラシ、何かのクーポン券、市民だよりなどなど使わないだろうものを捨てずに溜めてしまいます。

百歩譲ってクーポンは使うとしても、整理してまとめていないため後になって「ああ!あのお店のクーポン持ってたんだわ」ってなってます。

ので、届いた郵便でわたしが不要と判断したものは義母に相談無く、躊躇なく捨てています(笑)だって使わないから!

後から「必要だったのに!」「使いたかったのに!」と言われたことがないので100%不要なものだったということで間違いないです。

以上、最後は愚痴みたいになりましたがおすすめの書類収納ケースです。