119

乱視は回復するのか?ガボール・アイで自らで実験開始(メガネあり)

こんにちは!なっしー( @megane_toushi )です。日本株、米国株への短中長期投資にチャレンジ中です。学んだことや成果をブログにアウトプットしています!

わたしはひどい乱視です。

どれくらいひどいか、以下はほんの一例です。

①クレジットカード番号で「5」と「8」が見分けられず、ずっと間違った番号を入力してシステム側のせいにしたり。

②画像の縦横比を表すアスペクト比を10年間アスベクト比だと思って日常的にアスベクト比と言っていた。(誰か突っ込んでよ)

などなどです。高速道路の掲示板も見にくいですし、コミックも読みにくい。ウェブサイトはまだブラウザ上でズーム出来るからマシですが。

クレジットカード番号の見間違いでいよいよ生活に支障きたしてきたなと思い、なんとか乱視を回復できないかとグーグル先生に聞いているとこんな本を見つけました。

「1日3分見るだけでぐんぐん目がよくなる!」だと!?

「日本で初めてガボールパッチを紹介した眼科医の本」!?

「世界中の研究機関で<科学的に証明>された視力回復法」だと!?

だったらやってやろうじゃないか、ということで速攻購入しました。この手の本、最近良く見かけていたのですが、「科学的に証明された」という部分に惹かれました。

科学的ではないものは疑う習性がありますので。

ガボール・アイは目ではなく脳を良くする!

P25に載っている盲点の説明で心を掴まれました。

左側に赤のハートのマーク、右側に黒のスペードのマークが書かれたページがあり、左目を塞ぎ右目だけでハートを見続けている状態でページを目に近づけていきます。

するとあるタイミングで・・・ 

右側のスペードのマークが視界から消えます!

これが盲点だと。うおおおお。はじめて盲点を体感しました。「盲点 画像」で画像検索すると試せる画像が出てくるのでやってみてください。衝撃です。

なぜ『盲点』に普段気づかないのかというと、脳が補正しているからだというのです。

カメラに例えると、『目』はレンズ、『脳』は画像処理する電子部品。このガボール・アイは『脳』の画像処理能力を良くする、というのです。何かすごい。

ガボール・パッチとは?

ガボール・パッチはホログラフィーの発明で1971年にノーベル物理学賞を受賞したデニス・ガボール博士が考案したもので、「視覚野」に強く作用するのだそうです。

こちらも「ガボールパッチ」で画像検索すると大量に出てきます。

ぼやけた虫みたいな画像ですが、どれか一つ好きな形を選び、それと同じ形を探すという非常にシンプルな作業をするだけです。

このガボール・パッチ。カリフォルニア大学やカンザス大学の実験で実際に視力が向上し、ニューヨーク・タイムズに取り上げられてアメリカでは話題になったようです。

被験者に乱視は対象になっていないようなのですが、どうかわたしの乱視に効いてくれ!一応本書のQAでは「乱視に関しても効果があると推察されます」と記載がありましたので、推察から実証に変えてみせましょう。

ガボール・アイをやってみた感想

本書では28日分のガボール・パッチが掲載されています。1ページ1日分で、最後まで行った頃にはわたしの乱視は回復しているというわけです。

1日分の1ページだけじっくりやってみましたが、早いかな?と思った感覚で4分経過していました。3~10分が効果的なようなので、これであれば毎日続けられそうです。

アプリで視力測定

スマホで視力測定出来て、記録も残せる便利なアプリがあったので利用させてもらいました。
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.BarbaroiWare.EyesightTest

2021年7月15日の視力:0.5

2021年7月15日の視力

メガネありですよ。前にメガネ作ったときは0.8になるように作ったので悪化しています。

これ、0.8に合わせようと思ってどんどんメガネがきつくなって、裸眼でほぼ何も見えないじょうたいになってしまうやつじゃないですか?

メガネはおしゃれで度なしレンズであればファッションに合わせて付けたいところですが、日常的に付けていると面倒な事が多いです。

激しい運動がメガネありでできない。マスクで曇る。好きなサングラスはかけられない。すれ違う美人に気づけ無いなどなど。

なので、回復させたいという強い思いもあります。厳正な測定をするために、スマホを置く位置、スマホを見る位置も決めました。

毎日は変化しないと思うので週1か2週に1回はブログでアウトプットしたいと思います。